協会について

一般社団法人宮城県造園建設業協会

役員挨拶

副会長  下山 宗喜当協会、宮造協は平成28年5月の総会で執行部の世代交代が図られました。私も、内海一富新会長を補佐すべき副会長の重責を担うこととなり、責任ある造園人として当協会の運営に携わって、いかなければなりません。
昨年をふりかえりますと、当協会も【総務・企画・財政】【技術・技能】【広報・事務・安全】等他にも4委員会が有り各委員会により、充実した事業を展開しているところであります。造園業が他の職種と違うところは生物を、そして規格の無い自然材料を使用し長く経験したことより培われた技術、素晴らしい庭園(造園)歴史を踏まえ、今の時代に馴染む材料を見出し、技術とセンスで大地のキャンバスに庭園(絵画)を描き、緑の都市空間を作る、すばらしい美的環境作りかと思います。その様な造園業界も他の建設業会と同様、後継者不在よる会員不足、若手技術者の減少等の諸問題があり、解決に向けて業界、協会一丸となり魅力ある造園業を目指すべく事業展開していかなければなりません。
幸い当協会には、青年部委員会があり60数名の会員で全国組織の日造連青年部にも所属して活発な事業を展開しておりますが、今まで以上に若者が、これからの未来に前向きに考えられるよう多方面から支援しなければなりません。そして、緑化行政にも当協会の存在意義を表していかなければなりません。
このように内外すべてに、日本の魅力ある庭園文化を発信しつつ緑化事業の大切さを御理解していただきながら、これからの造園業界を盛り上げていかなければ、未来は見えてきません。
皆様には今後ともご指導ご鞭撻とご協力をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
 
一般社団法人 宮城県造園建設業協会
副会長  下山 宗喜
 

一般社団法人宮城県造園建設業協会設立趣意

戦後,産業経済の急速な発展に伴い,各種開発事業の進展による国土の近代化は顕著なものがありますが,反面自然景観の破壊,生活環境の悪化は目に余るものとなり,都市化に伴う公害問題は健康で文化的な国民生活に対する重大な支障となって参りました。これが対策として近時,国土の公害防止,自然環境の保全を目途として,縁のマスタープラン,都市公園等整備第三次5か年計画或いは,生活環境保全林,整 備事業等の諸対策が展開され,本県においても宮城県環境管理計画が制定されるとともに国営釜房湖畔公園事業,県営加瀬沼緑地公園事業,新しい健康都市づく りを目ざす仙台市基本計画等の積極的な県土緑化の施策が進められるに至り,環境緑化の前途に明るい展望が期待される段階となりました。このような趨勢の中にありまして,造園建設業界においては昭和48年任意団体の仙台造園建設業協会を設立し,仙台市を中心とする緑化行政に全面的な協力を行うとともに,公共造園技術の向上,普及,業界の資質の改善に努力して参りました。
また,昭和49年には,伝統庭技を中心とする造園技術の向上を図るため,同じく任意団体の宮城県造園組合を設立し,国家検定制度である技能検定並びに職業訓練への積極的参加により,造園業の社会的,経済的地位の向上に努力して参りました。
しかしながら,今やこれらの組織が個別に活動を進めていては,内外の信頼性を得るには不充分となり,積極的に広く行政の指導を仰ぎ,技術の一層の研錆に努め経営資質の向上を強力に押し進めることが時代の要請であることを痛感するに至りました。ここに,観点を新たにして組織を統合し全県下会員の充実を図るとともに社会的地位の向上を日ざし,強力な県機構として,社団法人宮城県造園建設業協会に改組発展させることを旧会員一同決意するに至りました。
今後はなお一層県民生活の向上と緑化事業の推進に協力し,緑化業界の発展に貢献いたすべく努力する所存でございますので,関係各位のど指導,ど協力を切にお願い申し上げる次第です。
 

協会概要

名称 一般社団法人宮城県造園建設業協会
会長 内海 一富
住所 〒980-0011
宮城県仙台市青葉区上杉一丁目7−7 上杉ハイツ2階6号
連絡先 TEL: 022-265-5512   FAX: 022-265-5589

会長挨拶、基本理念・基本方針などはこちら
 

地図はこちら

会長挨拶

会長挨拶

会長挨拶、会長所信、基本理念・基本方針、重点事業・重点目標、スローガンを掲載しております。

お問い合せフォーム

お問い合せフォーム

活動について

伊勢神宮献納行事 東日本大震災での復興支援活動

協会概要

一般社団法人
宮城県造園建設業協会

〒980-0011
宮城県仙台市青葉区上杉一丁目7−7 上杉ハイツ2階6号
TEL 022-265-5512
FAX 022-265-5589
 
お問い合せ
ページ上部へ戻る